綺麗な海でダイビング!家族皆で沖縄旅行【リリック】

- 大切な人と沖縄家族旅行で絆を深めませんか?

大切な人と沖縄家族旅行で絆を深めませんか?

沖縄のムーンビーチダイビングスクールは大人から子供までダイビングが楽しめます。
最低10歳からダイビングが可能です。
ご年配の方でもダイビングが楽しめてしまうんですよ。
今まで諦めていた方もぜひご参加ください。
初心者でも楽しめますよ。
先日ニュースで深海の様子を見ましたが、神秘にあふれ興味津々で久々にテレビに釘付けになってしまいました。
あのどこまでも深い青はなぜか惹かれますね。
ふっと時を忘れて眺めてしまいそうです。
沖縄家族旅行で記念撮影しても良さそうですね。
私の親戚はハワイで式を挙げていましたが、南国ならば沖縄も負けていません。
沖縄旅行沖楽で、挙式を挙げたいと思われるならば、ご家族揃って沖縄で式を挙げるのも素敵かもしれませんね。
または挙式ではなくても記念の旅として心に、写真に刻まれてはいかがですか?
豊かな大地と自然、美しいガラスや海と植物、美味しい食べ物、あたたかい人と音楽・・・数え切れない思い出の候補達があなたを待っています。
大切な人とそのご家族で訪れるのも良いですね。
旅は絆を深めるものです。
楽しいことやハプニングを乗り越えて、深くつながることができるんですね。
きっと島人(しまんちゅ)は喜んでそのお手伝いをしてくれます。
おじいおばあの笑顔も味わいましょう。

島らっきょうが好きな母親が喜んでいる


この前、沖縄に行くときに母に「島らっきょうを買ってきてね」と頼まれました。
島らっきょうとらっきょうの違いが分からずにいたので、母に尋ねると「島らっきょうは沖縄の名物でとても美味しい」と教えてくれました。
母の大好物ということも知りました。
そしたら、民泊したお家が島らっきょうの農家でした。
これは運命かと思いました。
そして、その農家を手伝いました。
まだ苗の状態で、苗の根を切ったりしました。
母が島らっきょうが大好物という話をすると「まだまだ島らっきょうは実らないから実る時期にまたお母さんとおいで」と民泊先のおじぃが言ってくれました。
なので、その時期に家族で来ようと思います。
沖縄家族旅行として、おじぃの家を訪れたいです。
大好物の島らっきょうの農家ということで、母がすごく喜んでいます。
家族みんなで農家を手伝いたいですね。
私たち兄弟は、農家の手伝いなどしたことがありませんので良い経験になると思います。
私が良い経験になったのですから、兄弟にとってもそうなると思います。
普段、普通に食べているものはこうやって大変な思いをして出来るのだと思うと、残すことなど出来ません。
食のありがたみが分かるので、これを機のたくさんの農家の手伝いをしたいです。

沖縄を旅行する時に家族一緒でダイビングをしたいという家族もいるのではないでしょうか。ダイビングだけをしに行くという人もいるかもしれませんが、他にもホテルに泊まったり、ツアーに参加してみたりという家族もいるでしょう。今回は沖縄を旅行する時に注意をしておかなければいけないことについて、旅行全般の話とダイビングの話に分けて紹介していきます。

子供の旅行代金についてはよく確認する

子供の旅行代金についてはよく確認をしておいたほうがいいでしょう。子供の年齢によって無料になったりやすくなったりしますので、自分たちの子供が何歳に該当するかによってお得になったりします。安くなったりする条件と言うのもありますので、それについても考慮する必要があるでしょう。ホテルにおいて添い寝の子供がいる場合にベッドをくっつけることができるのか、ベッドガードをつけることができるのかなどもしっかりと確かめておきましょう。

レンタカーを借りる際に子供が多い場合にレンタカーに全員乗れるのかどうかをしっかりと確認する必要があります。チャイルドシートが必要になる時に追加料金がかかるのかどうかも同時に確認をする必要があります。

ダイビングの下限は10歳が多い

ダイビングにおいては上限に制限はありませんが、下限については制限があったりします。下限については10歳としているところが多いです。10歳以上の子供がいるというのであれば、一緒にダイビングを行うことができるでしょう。子供がいてもダイビングが楽しめるのはうれしいことではないでしょうか。

年齢制限のないシュノーケルをやるのもアリ

ダイビングにおいては年齢制限がどうしてもありますが、シュノーケルであれば年齢制限がありませんので、家族全員できちんとサポートをしてくれるダイビングショップに申し込むというのもいいのではないでしょうか。

託児所付きのダイビングショップもある

ダイビングショップの中には託児所がついているところもありますので、小さな子供がいる場合には託児所に預けるというのも選択肢として考えてもいいのではないでしょうか。託児所に預けるためには事前に予約をする必要があります。

家族一緒でダイビングを楽しもう

せっかく沖縄に行って家族でダイビングを行うのであれば、旅行全体の子供の旅行代金についてよく確認すると共に、ダイビングの注意点についても良く理解しておきましょう。シュノーケルをやるのも一つの手です。

Copyright(C)2014 綺麗な海でダイビング!家族皆で沖縄旅行【リリック】 All Rights Reserved.